2016年07月10日

1階の彼女−こっちのセリフ編

1階の彼女のことを面白く書いているつもりですが、
さすがにネタが無くなってきたぞ〜

と思っていた今日この頃。


が…先週のことです。

カンカン照りの日で以前ここでご紹介した
女子のお手洗いは蒸し風呂のよう…(5/26日の記事)
日差しが強いので、小さな小窓とドアの磨りガラスからも
明かりが入るので、昼過ぎはそんなに薄暗くない。

昼休憩に私は「暗くないなぁ〜」と思いながら
歯磨きをしていました。そう電気をつけずに。


そこへ1階の彼女が勢い良く入ってきました!

ドアから明かりがもれていなかったので、
誰もいないと思ったんでしょう。歯磨きしている私を
見つけて「わぁ!」とびっくりしていました。
私は歯磨きしながら「お疲れさま〜」と言ってるつもりでモゴモゴ。
心の中は「でしょ〜!びっくりするでしょ〜」と思ったその時…


彼女「もう!びっくりするじゃないですか!電気つけて下さい!」


私「えぇ〜〜〜〜〜〜〜」←言葉にならず…


彼女はそのまま例のように手を洗って出て行きました!
(6/27日の記事)


それはこっちのセリフだよ〜〜〜〜!!!


なぜそんな事言われるんだろう。
まぁ、そうとうびっくりしたんだろうなぁ。


私なんて1日に3回びっくりしたんだからね!






posted by てるてる at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする