2016年12月07日

天国と地獄

日曜日、新しく来たネコちゃんの事をアップした後…

午後9時前くらいに、母から「あの子いなくなったよ」と電話があった。

「え??どういうこと?いつから?」
などいろいろ聞いてみたけれど、母もよくわからないようで。

よくわからないって???と思いつつ、車を飛ばして実家へ帰り、
家の中〜家の周囲などを懐中電照らしながら探すこと数時間…。

母が玄関まわりの花などに水をやったりする時って、玄関を開けっ放しにすることがよくあって。
その時に表に出て行ってそのまま、好奇心で遠くまでいったのかな?
来たばっかりだから、もちろん家に戻れるわけもなく…。

私たちが探してもまだそんなに懐いているわけでもないから
逃げて行ってしまう可能性が大。

日曜の夜は午後7時くらいから雨も降っていたし、どこかで雨宿りをしているのかなぁ。
きっと心細く震えているだろう …。
2匹の兄弟を別れさせて全然知らないところへ連れてこられ、
ちょっとした好奇心でちょろちょろと出てみたら
知らない世界で、あとは飢えと寒さに耐える日々なの?

なんて残酷なことをしてしまったのだろう。
私に出会わなければ地域猫さんの世話をしている人のところで、
兄弟仲良く暮らしていけたのに…。

本当にごめん、ごめん、ごめん。
やっぱり高齢の母ひとりでは走り回っている子猫を始終見張っているのは
無理だったんだ。

ごめんね。
家に戻ってからも眠れなくて、結局朝まで一睡も出来ず。
猫を譲ってくれた人になんて謝ればいいのだろう…。

どよ〜んと重い気持ちで仕事へ向かってはみたけど、チラシを作成することや 、
保健所・警察に届けを出さなきゃ…とか、そんなことばかり考えていた昼前ごろに、
母から電話が!
「出てきたよ〜〜〜」

え??どこから?
結局、外には出て行ってなかったの??

どうやら、昨日の夕方ごろに1階の押入れを開けていたので、その中に入ってたみたい。
母が玄関の花の水やり等が終わった後に、その押入れもピッタリと閉めたので、
出てこれなくなっていたんでしょう。
タオルなどを置いてるので、その中で寝てしまっていたのかな?

今日になって母がまたその押入れを開けていたので、ひょこっと出てきたみたい。


最悪のことをいっぱい考えたので、とりあえず生きててくれて、
こんなに嬉しいことはない!よかっ た〜
今は母に甘えて、ごはんを食べてウンチしてまた走り回っているみたい。

とにかく、生きてくれててよかった。

でもやはりまだ暴れん坊なので、母にまかせっきりは危ないなぁと思うので、
しばらくは私が面倒みて、脱走防止の柵や、首輪(鈴付)等など整えてから
母に預けたほうがいいのかな?と思案中。

お母さんにはムリだから私が預かるよ〜と言うと、
ムキになって「お母さんが育てる!」というので、もう少し母の体調や
気持ちが落ち着いてからにしよう〜となだめて、私の住んでいるところへ
引き取っているのが現状です。

また「いなくなった〜」なんて言われたらマジで暴言吐いてしまいそうだもん。

わかっていたけれど、命あるものと暮らすのって大変だぁ〜。

今は私の家のリビングで走ったり、飛んだり元気に活動中!
IMG_3556.JPG

いろいろ準備して週末くらいに再度母に預ける予定です〜。

posted by てるてる at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする